小学生

私立中学、公立中高一貫校などの受験対策は行っていません。高校入試に向けて一歩も二歩もリードしておきたい小学生向けの指導となります。早くから始めれば始めるほど、到達点は高くなります。
小5、6
指導曜日 毎週火曜・金曜
※土曜or日曜…再テストや補習
指導時間 午後4時50分~6時50分
指導科目 算・国・英・理・社
小4
指導曜日 毎週木曜
※土曜or日曜…再テストや補習
指導時間 午後4時30分~6時30分
指導科目 算数・国語
小5,6 算数特別講座【図形プレミアム】
指導曜日 毎週月曜日
指導時間 午後4時50分~6時50分
※歩実塾生はオプションとして、外部生でも単独受講可能です。

英語

高校受験において、英語ができないというのは、それだけで上位高校受験からの脱落を意味します。そのような中、2021年度から教科書が大きく変わり、中1の最初からさまざまな文法事項が矢継ぎ早に登場します。しかし、コミュニケーション重視の英語教育(この流れの中に昨今の4技能の大合唱があります)により、文法をていねいに扱うことはありません。

そういうわけで、いきなり混乱を引き起こし、脱落者続出の予感の中、この難局をいかにして乗り越えるか?

4技能(読み・書き・話す・聞く)をバランスよくやっている場合ではないのです。

学校ではあまり徹底されていないことを徹底すること。

これに尽きます。

主語・動詞にこだわった文法を核として、基本英文の暗記に励み、強靭な英語力を養成します。

英検対策は特に行いませんが、英検を取得すること以上の、中学生になってからも通用する英語力を鍛え上げます。

算数

該当学年の内容を集中速習学習していきます。ダラダラ学習するのではなく、重要事項を一気に反復しながら学習を進めます。

また、中学生になっても重要となる割合・比の考え方については一度学習したあと、異なるアプローチで理解を深めていきます。

案外軽視できないのが「正確な計算力」。これは得点のみならず時間も意識しながら日々取り組むことで鍛えていきます。

該当学年の学習内容を習得つつ、思考力も強化していきます。掘り下げて考えないと分からない問題、しっかり読み取らなければいけない文章題などにあたることで、試行錯誤しながら学ぶ楽しさを感じてほしいと思います。

国語

生徒たちが興味を持ちやすい、さまざまな文章を読むなかで、まずは文章を読むことに「慣れて」いきます。読んでいて分からない語句に出会ったら、漢字などから類推してみたり、それでも難しかったら辞書を引いてみたりして、内容の把握に努めます。同時に、「指示語」「接続語」にも着目して読む大切さも学習します。また漢字は学習範囲を決め、毎週テストを行います。

社会

小5では「日本地理」を、小6で「日本の歴史、政治」を学びます。なんとなく分かったでは止まることなく、覚えるべきものはキッチリ覚えていくスタンスで授業を展開していきます。

理科

用語を図をセットで覚えていきます。たくさんある実験の類は、何のためにどうしているのか、という理解が大切です。器具や名称の暗記と共に実験の意図や注意事項の理解を大切にしながら学習を進めていきます。